2016年02月09日

シャープ、鴻海との出資契約見直しへ 中居彩乃株価

シャープが自社の株価急落を受け、3月に結んだ台湾・鴻海精密工業との出資契約を見直す検討を始めたことが分かった. 予定していた約10%の出資比率は変えず、鴻海の出資総額を減らす方向とみられる. 契約の見直しは損につながるが、鴻海との関係維持には譲歩が避けられないと判断した模様だ. 3月に両社が結んだ提携契約は、鴻海が1株550円でシャープ株の約10%を取得して筆頭株主となる内容. シャープは約670億円を受け取るはずだった. ただ、シャープの株価は2日に発表した2012年4~6月期決算での業績悪化を受けて急落. 3日の東京株式市場では、一時ストップ安の187円まで下がっていた. このままでは鴻海側に大きな損失が生じる恐れがあった. 鴻海側は3日、出資契約の見直しでシャープと「合意した」と台湾の証券取引所に出した文書で公表. Air Max 一方のシャープは「合意の事実はない」と否定し、食い違いが生じていた. JR東海が27日発表した今年4~6月期決算は、売上高が前年同期比11.6%増の3806億円、純利益が同65.9%増の614億円で、ともに第1・四半期としては過去最高だった. 【ブログシティ】農場パラダイス+』80万ユーザーが遊んだ 新幹線を中心に運輸収入が伸びたほか、JR名古屋高島屋やキヨスクなど子会社の流通事業が好調だったため. 東日本大震災で落ち込んでいた運輸収入は、観光需要が回復して増加. 2839億円で、過去3番目の水準を記録した.
posted by KikuchiMinayo at 01:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: